このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのリンク

<図書>
アメリカン・ヴァイオレンス : ミエル ボウリョク・ミエナイ ボウリョク
アメリカン・ヴァイオレンス : 見える暴力・見えない暴力 / 権田建二, 下河辺美知子編著
(成蹊大学アジア太平洋研究センター叢書)

書誌ID 4000201198
データ種別 図書
出版者 東京 : 彩流社
出版年 2013.5
本文言語 日本語
大きさ 322, 18p ; 20cm
別書名 標題紙タイトル:American violence
異なりアクセスタイトル:アメリカンヴァイオレンス : 見える暴力見えない暴力
目次/あらすじ

所蔵情報を非表示


6階 C : 通常書架 930/29/295 1007383092
9784779118944

書誌詳細を非表示

内容注記 暴力と赦し/アレントからデリダをへて二十一世紀世界の新たなるレトリックを求めて : 序にかえて / 下河辺美知子著
「ベニト・セレノ」におけるリーダーの脆弱性 : バボが振りかざす二本目の短刀 / 大武佑著
アメリカ独立革命と暴力の幽霊 : ナサニエル・ホーソン「総督邸に伝わる物語」をめぐって / 下河辺美知子著
イヴの娘たちの不合意書 : ジョイス・キャロル・オーツ『レイプ : ある愛の物語』における性暴力と主体の行方 / 大串尚代著
カタストロフィあるいは「歴史」なき暴力/性 : 『ヴァージニア・ウルフなんかこわくない』と冷戦期アメリカ / 遠藤不比人著
暴力は統御可能である : 『略奪された七人の花嫁』における冷戦的思考 / 日比野啓著
十九世紀中葉における「抵抗する奴隷」の表象 : フレデリック・ダグラスとハリエット・ビーチャー・ストウの間テキスト的対話 / 堀智弘著
黒い恐怖・白い暴力 : トマス・ディクソンの『豹の斑点』における暴力と白人性の構築 / 権田建二著
ヒロシマから見たイラク戦争 : 否認され続けるDU(劣化ウラン)ヒバクシャたち / 嘉指信雄著
惑星思考のブラックユーモア : 九・一一以後のアメリカ文学の思想史 / 巽孝之著
嘘と歴史 : 暴力のポリティックス / キャシー・カルース著 ; 下河辺美知子訳
一般注記 文献あり
索引: 巻末p7-18
著者標目 権田, 建二 <ゴンダ, ケンジ>
下河辺, 美知子(1950-) <シモコウベ, ミチコ>
件 名 BSH:アメリカ文学
BSH:アメリカ合衆国
BSH:暴力
NDLSH:アメリカ合衆国 -- 社会  全ての件名で検索
分 類 NDC8:930.29
NDC9:930.29
NDC9:361.3
書誌ID 4000201198
ISBN 9784779118944
NCID BB12650627

 類似資料

 この資料を見た人はこんな資料も見ています